本文へスキップ

相鉄線上星川の糖尿病専門・甲状腺専門クリニック。岩崎内科クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-442-6475

〒240-0042 横浜市保土ヶ谷区上星川1-1-5フルール横浜1F

業績

著書

よくわかる病態生理 コアカリ対応6 日本医事新報社 2007

糖尿病診療ルールブック 中外医学社 2008

糖尿病ハンドブック 2009

症例に学ぶNASH/NAFLDの診断と治療 2012

 

原著・総説

アルドステロンとアディポサイトカイン 内分泌糖尿病科 17(1) 78-81 2003

チアゾリジン誘導体の抗炎症作用と炎症性疾患治療への応用 内分泌糖尿病科 17(3) 230-235 2003

ラットの心線維芽細胞におけるコラーゲンタイプI発現に対するdehydroepiandrosterone(DHEA)の影響 横浜医学 54 495-501 2003

検査値を読む 副腎皮質刺激ホルモン 臨床雑誌内科 93(6) 1358-1359 2004

検査値を読む コルチゾール,尿中遊離コルチゾール 臨床雑誌内科 93(6) 1360 2004

検査値を読む 尿中17-ヒドロキシコルチコイド 臨床雑誌内科 93(6) 1361-1362 2004

検査値を読む 尿中17-ケトステロイド 臨床雑誌内科 93(6) 1363-1364 2004 

経口血糖降下薬の種類と病態に応じた使いかた Medical Practice 22(10) 1751-1758 2005

肥満 2型糖尿病と肝 肝胆膵 51(5) 827-835 2005

2型糖尿病合併non-alcoholic fatty liver disease(NAFLD)患者の肝臓内脂肪沈着,線維化形成に関与する内臓脂肪,adipocytokinesの解析 アルコールと医学生物学25 Page75-78

【非アルコール性脂肪性肝炎(NASH) 基礎・臨床研究の最新動向】 臨床研究 治療 生活指導(食事療法・運動療法) 日本臨床(0047-1852)646 Page1139-1145(2006.06)

よく使う日常治療薬の正しい使い方 糖尿病の病態別の薬物療法 レジデントノート87号 p1011-1015

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態進展におけるiNOS由来Nitric Oxideの役割 アルコールと医学生物学26 Page47-53

稲森正彦、藤田浩司、米田正人、中島淳、岩崎知之、寺内康夫 食前酒による胃排出能の変化について Breath ID systemを用いた連続呼気採取による評価 アルコールと医学生物学26 Page8-10

藤田浩司、米田正人、野崎雄一、稲森正彦、桐越博之、齋藤聡、中島淳、岩崎知之、寺内康夫、前山史朗、和田孝一郎 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態進展におけるiNOS由来Nitric Oxideの役割 アルコールと医学生物学26 Page47-53 

岩崎知之、寺内康夫【メタボリックシンドローム どう診断し,どう対処するか】 糖尿病リスクとしてのメタボリックシンドローム 臨床雑誌 内科 991 Page12-17(2007.01)

岩崎知之、寺内康夫、虚血性心疾患のリスクとしてのメタボリックシンドロームとコレステロール Medical Practice

稲森正彦、藤田浩司、米田正人、岩崎知之、中島淳 食前酒による上部消化管知覚機能の変化に関する検討 アルコールと医学生物学27 Page40-41 

米田正人、藤田浩司、稲森正彦、野崎雄一、中島淳、岩崎知之、寺内康夫、前山史郎 日本人における非アルコール性脂肪性肝炎の診断における血清フェリチン値測定の有用性の検討 アルコールと医学生物学27 Page154-163

Inamori M, Togawa J, Takahashi K, Yoneda M, Fujisawa N, Iwasaki T, Ozawa Y, Kikuchi T, Muramatsu K, Chiguchi G, Matsumoto S, Kawamura H, Abe Y, Kirikoshi H, Kobayashi N, Sakaguchi T, Takamura T, Nakajima A, Ueno N, Sekihara H.Comparison of the effect on intragastric pH of a single dose of omeprazole or rabeprazole: which is suitable for on-demand therapy? J Gastroenterol Hepatol. 18(9):1034-8 2003

Yoneda M, Wada K, Katayama K, Nakajima N, Iwasaki T, Osawa E, Mukasa K, Yamada Y, Blumberg RS, Sekihara H, Nakajima A. A novel therapy for acute hepatitis utilizing dehydroepiandrosterone in murine model of hepatitis Biochemical Phermacology 2004 Dec 1;68(11):2283-9.

Tomoyuki Iwasaki, Koji Mukasa, Masato Yoneda, Satoshi Ito, Yoshihiko Yamada, Yasumichi Mori, Nobutaka Fujisawa, Toshio Fujisawa, Koichiro Wada, Hisahiko Sekihara, and Atsushi Nakajima Marked Attenuation of Production of Collagen Type I from Cardiac Fibroblasts by Dehydroepiandrosterone. Am J Physiol Endocrinol Metab. 2005 Jun;288(6):E1222-8.

Inamori M, Togawa J, Iwasaki T, Ozawa Y, Kikuchi T, Muramatsu K, Chiguchi G, Matsumoto S, Kawamura H, Abe Y, Kirikoshi H, Kobayashi N, Shimamura T, Kubota K, Sakaguchi T, Saito S, Ueno N, Nakajima A. Early effects of lafutidine or rabeprazole on intragastric acidity: which drug is more suitable for on-demand use?
J Gastroenterol. 2005 May;40(5):453-8.

Tomoyuki Iwasaki, Atsushi Nakajima, Masato Yoneda, Yoshihiko Yamada, Koji Mukasa, Koji Fujita, Nobutaka Fujisawa, Koichiro Wada, and Yasuo Terauchi Serum Ferritin Is Associated With Visceral Fat Area and Subcutaneous Fat Area
Diabetes Care 2005 28: 2486-2491.
 

Iwasaki T, Nakajima A, Yoneda M, Terauchi Y. Relationship between the Serum Concentrations of C-reactive Protein and Parameters of Adiposity and Insulin Resistance in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.
Endocr J. 2006 Jun;53(3):345-56.

Yoneda M, Saito S, Ikeda T, Fujita K, Mawatari H, Kirikoshi H, Inamori M, Nozaki Y, Akiyama T, Takahashi H, Abe Y, Kubota K, Iwasaki T, Teraushi Y, Togo S, Nakajima A. Hepatitis C virus directly associates with insulin resistance independent of visceral fat area in nonobese and nondiabetic patients. J Viral Hepat. 2006 in press 

Yamada Y, Sekihara H, Omura M, Yanase T, Takayanagi R, Mune T, Yasuda K, Ishizuka T, Ueshiba H, Miyachi Y, Iwasaki T, Nakajima A, Nawata H. Changes in Serum Sex Hormone Profiles after Short-term Low-dose Administration of Dehydroepiandrosterone (DHEA) to Young and Elderly Persons.
Endocr J.
2007 Feb;54(1):153-62.

Yoneda M, Iwasaki T, Fujita K, Kirikoshi H, Inamori M, Nozaki Y, Maeyama S, Wada K, Saito S, Terauchi Y, Nakajima A. Hypoadiponectinemia plays a crucial role in the development of nonalcoholic Fatty liver disease in patients with type 2 diabetes mellitus independent of visceral adipose tissue.
Alcohol Clin Exp Res. 2007 Jan;31(1 Suppl):S15-21.

Masato Yoneda, Hironori Mawatari, Koji Fujita, Kyoko Yonemitsu, Shingo Kato, Hirokazu Takahashi,Hiroyuki Kirikoshi, Masahiko Inamori, Yuichi Nozaki, Yasunobu Abe, Kensuke Kubota, Satoru Saito,Tomoyuki Iwasaki, Yasuo Terauchi, Shinji Togo, Shiro Maeyama, and Atsushi Nakajima. Type IV collagen 7s domain is an independent clinical marker of the severity of fi brosis in patients with nonalcoholic steatohepatitis before the cirrhotic stage J Gastroenterol 2007 May;42(5):375-81.

Aoki K, Nakamura A, Ito S, Nezu U, Iwasaki T, Takahashi M, Kimura M, Terauchi Y. Administration of miglitol until 30min after the start of a meal is effective in type 2 diabetic patients. Diabetes Res Clin Pract. 2007 Oct;78(1):30-3.

Fujita K, Yoneda M, Wada K, Mawatari H, Takahashi H, Kirikoshi H, Inamori M, Nozaki Y, Maeyama S, Saito S, Iwasaki T, Terauchi Y, Nakajima A. Telmisartan, An Angiotensin II Type 1 Receptor Blocker, Controls Progress of Nonalcoholic Steatohepatitis in Rats. Dig Dis Sci. 2007 Apr 5; [Epub ahead of print]

Yoneda M, Inamori M, Iwasaki T, Akiyama T, Fujita K, Takahashi H, Abe Y, Kubota K, Ueno N, Shiiba M, Abe A, Nagashima T, Inoue T, Nakajima A. Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration for gastric varices with plural draining veins: effectiveness of coil embolization for collaterals. Digestion. 2007;75(2-3):100.

Yoneda M, Mawatari H, Fujita K, Iida H, Yonemitsu K, Kato S, Takahashi H, Kirikoshi H, Inamori M, Nozaki Y, Abe Y, Kubota K, Saito S, Iwasaki T, Terauchi Y, Togo S, Maeyama S, Nakajima A. High-sensitivity C-reactive protein is an independent clinical feature of nonalcoholic steatohepatitis (NASH) and also of the severity of fibrosis in NASH.
J Gastroenterol. 2007 Jul;42(7):573-82.

Iwasaki T, Yoneda M, Kawasaki S, Fujita K, Nakajima A, Terauchi Y. Hepatic fat content-independent association of the serum level of gamma-glutamyltransferase with visceral adiposity, but not subcutaneous adiposity.
Diabetes Res Clin Pract. 2007 Aug 13; [Epub ahead of print]

Iwasaki T, Yoneda M, Nakajima A, Terauchi Y. Serum butyrylcholinesterase is strongly associated with adiposity, the serum lipid profile and insulin resistance. Intern Med. 2007;46(19):1633-9. 

Yoneda M, Endo H, Nozaki Y, Tomimoto A, Fujisawa T, Fujita K, Yoneda K, Takahashi H, Saito S, Iwasaki T, Yamamoto S, Tsutsumi S, Aburatani H, Wada K, Hotta K, Nakajima A. Life Style-Related Diseases of the Digestive System: Gene Expression in Nonalcoholic Steatohepatitis Patients and Treatment Strategies. J Pharmacol Sci. 2007 Oct 6;

Neither the presence of metabolic syndrome as defined by the IDF guideline nor an increased waist circumference increased the risk of microvascular or macrovascular complications in Japanese patients with type 2 diabetes.Iwasaki T, Togashi Y, Ohshige K, Yoneda M, Fujita K, Nakajima A, Terauchi Y.Diabetes Res Clin Pract. 2008 Mar;79(3):427-32.

Significant association of serum albumin with severity of retinopathy and neuropathy, in addition to that of nephropathy, in Japanese type 2 diabetic patients.Iwasaki T, Togashi Y, Terauchi Y.Endocr J. 2008 May;55(2):311-6.

Nitric Oxide Plays a Crucial Role in the Development/Progression of Nonalcoholic Steatohepatitis in the Choline-Deficient, l-Amino Acid-Defined Diet-Fed Rat Model.Fujita K, Nozaki Y, Yoneda M, Wada K, Takahashi H, Kirikoshi H, Inamori M, Saito S, Iwasaki T, Terauchi Y, Maeyama S, Nakajima A.Alcohol Clin Exp Res. 2008 Oct 30.

Effects of body positions on gastric emptying with enteral nutrition: a crossover study using a continuous real time 13C breath test (BreathID system).Ikeda T, Inamori M, Fujisawa N, Iwasaki T, Akiyama T, Akimoto K, Mawatari H, Iida H, Endo H, Nozaki Y, Sakamoto Y, Fujita K, Takahashi H, Yoneda M, Yoneda K, Goto A, Abe Y, Kirikoshi H, Kobayashi N, Kubota K, Saito S, Nakajima A.Hepatogastroenterology. 2008 Sep-Oct;55(86-87):1905-7.

Efficacy of ezetimibe for the treatment of non-alcoholic steatohepatitis: An open-label, pilot study.
Yoneda M, Fujita K, Nozaki Y, Endo H, Takahashi H, Hosono K, Suzuki K, Mawatari H, Kirikoshi H, Inamori M, Saito S, Iwasaki T, Terauchi Y, Kubota K, Maeyama S, Nakajima A.
Hepatol Res. 2010 Jun;40(6):613-21. Epub 2010 Apr 14.

Ezetimibe decreases SREBP-1c expression in liver and reverses hepatic insulin resistance in mice fed a high-fat diet.
Muraoka T, Aoki K, Iwasaki T, Shinoda K, Nakamura A, Aburatani H, Mori S, Tokuyama K, Kubota N, Kadowaki T, Terauchi Y.
Metabolism. 2011 May;60(5):617-28. Epub 2010 Aug 2.

Relationship between upper gastrointestinal symptoms and diet therapy: examination using frequency scale for the symptoms of gastroesophageal reflux disease.
Sakamoto Y, Inamori M, Iwasaki T, Lida H, Endo H, Hosono K, Ikeda T, Fujita K, Yoneda M, Takahashi H, Koide T, Tokoro C, Goto A, Abe Y, Kirikoshi H, Kobayashi N, Kubota K, Saito S, Nakajima A.Hepatogastroenterology. 2010 Nov-Dec;57(104):1635-8.

Sitagliptin as a Novel Treatment Agent for Non-Alcoholic Fatty Liver Disease Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.
Iwasaki T, Yoneda M, Inamori M, Shirakawa J, Higurashi T, Maeda S, Terauchi Y, Nakajima A.Hepatogastroenterology. 2011 Oct 12;58(112).

Non-Alcoholic Fatty Liver Disease Adversely Affects the Glycemic Control Afforded by Sitagliptin.
Iwasaki T, Tomeno W, Yoneda M, Inamori M, Shirakawa J, Imajo K, Kawashima K, Terauchi Y, Nakajima A.Hepatogastroenterology. 2011 Dec 6;59(117).

岩崎知之 外来診療のワンポイントアドバイス 糖尿病外来のワンポイントアドバイス   2012年 Vol.100 No.10 

Factors Predicting Therapeutic Efficacy of Combination Treatment With Sitagliptin and Insulin in Type 2 Diabetic Patients: The ASSIST-K Study.
Ishikawa M, Takai M, Maeda H, Kanamori A, Kubota A, Amemiya H, Iizuka T, Iemitsu K, Iwasaki T, Uehara G, Umezawa S, Obana M, Kaneshige H, Kaneshiro M, Kawata T, Sasai N, Saito T, Takuma T, Takeda H, Tanaka K, Tsurui N, Nakajima S, Hoshino K, Honda S, Machimura H, Matoba K, Minagawa F, Minami N, Miyairi Y, Mokubo A, Motomiya T, Waseda M, Miyakawa M, Naka Y, Terauchi Y, Tanaka Y, Matsuba I.
J Clin Med Res. 2015 Aug;7(8):607-12. doi: 10.14740/jocmr2149w. Epub 2015 Jun 9.

Baseline low-density lipoprotein cholesterol predicts the hemoglobin A1c-lowering effect of dapagliflozin in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus
Tomoyuki Iwasaki, Masato Yoneda in Diabetology International (2016)


 

学会発表

岩崎知之、山田秀臣、宮内直子、秋山由里香、斉間恵樹 繰り返した脳梗塞に伴い一過性に著しい多尿を来した1例 老年病学会関東甲信越地方会 東京 平成13

岩崎知之 青木一孝 関原久彦 デヒドロエピアンドロステロンの線溶系阻害因子PAl-1発現における影響 日本ステロイド学会  東京 平成13

青木一孝, 伊藤譲, 岩崎知之, 菊地泰介, 星野和彦, 河崎さつき, 山田佳彦, 森保道, 中島淳, 関原久彦 デヒドロエピアンドロステロン投与による遺伝子発現変化の解析 糖尿病db/dbマウスの肝臓における検討 日本内分泌学会 大阪 平成14 

岩崎知之, 星野和彦 ,山田佳彦,大村昌夫,関原久彦 性腺機能低下症で発見された巨大くも膜嚢胞による汎下垂体機能低下症の一例 日本内科学会関東地方会 東京 平成14年 

岩崎知之,山田佳彦,大村昌夫,森保道、関原久彦 lT4(レボチロキシンナトリウム)補充にて著明な肝機能の改善を示した重度の甲状腺機能低下症の一例 日本内科学会関東地方会 東京 平成15

岩崎知之、向笠浩司、高橋謙一郎、山田佳彦、森保道、関原久彦 甲状腺機能低下改善後にACTH単独欠損が顕在化した一例 日本内科学会関東地方会 東京 平成15

岩崎知之、向笠浩司、山田佳彦、関原久彦 ラットの心線維芽細胞におけるコラーゲンタイプI発現に対するdehydroepiandrosteroneDHEA)の影響 日本心血管内分泌学会

札幌 平成15年 

村松賢一, 山田佳彦, 河村晋平, 高橋謙一郎, 岩崎知之, 向笠浩司, 森保道, 関原久彦 高プロラクチン血症と乏尿を呈したラトケ嚢胞の1例 日本内分泌学会関東甲信越地方会 東京 平成15

 

稲森正彦,米田正人,藤澤信隆,高橋宏和,小澤 穣,岩崎知之,地口 学,戸川淳一,河村晴信,阿部泰伸,松本秀平,桐越博之,小林規俊,坂口 隆,高邑知生,中島 淳,上野規男,関原久彦 薬剤単回投与における胃内pHの立ち上がりに関する検討(頓服やon demandに適した薬剤を探して) 第89回日本消化器病学会 埼玉 平成15

 

岩崎知之、向笠浩司、山田佳彦、河村晋平、高橋健一郎、村松賢一、森保道、関原久彦 腹痛を主訴に診断された多発性内分泌腫瘍(MEN)1型の一例 第4回日本内分泌学会関東甲信越地方会 新潟 平成16

 

山田佳彦、村松賢一、高橋謙一郎、森保道、向笠浩司、岩崎知之、河村晋平、関原久彦 デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)補充療法による血中ホルモン及びインスリン抵抗性指標への影響の検討 日本内科学会 東京 平成16

 

高橋謙一郎, 河村晋平, 岩崎知之, 村松賢一, 向笠浩司, 山田佳彦, 森保道, 関原久彦 糖尿病患者における超音波による胃運動機能評価 日本内科学会 東京 平成16

 

山田佳彦、向笠浩司、森保道、村松賢一、岩崎知之、高橋謙一郎、河村晋平、関原久彦 脂肪肝のインスリン抵抗性に及ぼす影響 日本糖尿病学会 東京 平成16

 岩崎知之、向笠浩司、山田佳彦、森保道、中島淳、関原久彦 ラット心線維芽細胞におけるコラーゲンタイプI発現に対するdehydoroepiandrosterone(DHEA)の影響 日本内分泌学会 京都 平成16年 

T. Iwasaki, A. Nakajima, M. Yoneda. Y. Yamada, K. Mukasa, Y. Mori, H. Sekihara. Non-alcoholic fatty liver disease in Japanese type 2 diabetes mellitus: relation to regional adiposity, fatty acids and iron deposit. European Association for the Study of Diabetes. Munich, Germany 2004

 

岩崎知之、米田正人、山田佳彦、向笠浩司、中島淳 2型糖尿病患者のアディポネクチン、体内貯蔵鉄、内臓・皮下脂肪と非アルコール性脂肪肝の解析 日本肥満学会 大阪 平成16

 

高山久仁子、岩崎知之、米田正人、伊藤聡、松津詩子、中島淳 バセドウ病に非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を合併した2例 日本内科学会関東地方会 東京 平成16

 

米田正人, 岩崎知之, 高橋宏和, 藤澤信隆, 藤沢聡郎, 藤田浩司, 小倉孝氏, 河村晴信, 稲森正彦, 阿部泰伸, 島村健, 小林規俊, 桐越博之, 窪田賢輔, 斉藤聡, 坂口隆, 上野規男, 中島淳 2型糖尿病患者に合併するnon-alcoholic fatty liver diseaseの解析 日本消化器病学会 平成16年 東京

 

岩崎知之、米田正人、山田佳彦、向笠浩司、藤田浩司、中島淳 2型糖尿病患者の体内貯蔵鉄、内臓・皮下脂肪と非アルコール性脂肪性肝障害の解析 日本消化器病学会 平成17

岩崎知之、米田正人、山田佳彦、向笠浩司、藤田浩司、中島淳 フェリチンと内臓・皮下脂肪と肝脂肪含有量の解析 日本糖尿病学会 平成17年 神戸

 

岩崎知之、米田正人、山田佳彦、向笠浩司、藤田浩司、中島淳 高感度CRPと内臓・皮下脂肪と肝脂肪含有量の解析 日本内分泌学会 平成17年 東京

 

岩崎知之、中島淳、米田正人、金子和真、高橋まゆみ、百木忠久、木村真理、寺内康夫ウエスト周囲径と内臓・皮下脂肪面積、肝脂肪含有量との相関解析 日本肥満学会 平成17年 札幌

 

岩崎知之、金子和真、高橋まゆみ、百木忠久、木村真理、寺内康夫 反復した無痛性甲状腺炎の経過後にBasedow病を発症した一例 日本甲状腺学会 平成17年 東京

 

米田正人, 藤田浩司, 岩崎知之, 藤澤聡郎, 池田多聞, 藤澤信隆, 高橋宏和, 河村晴信, 稲森正彦, 阿部泰伸, 小林規俊, 桐越博之, 窪田賢輔, 斉藤聡, 上野規男, 中島淳, 中江大, 前山史朗 単純性脂肪肝患者とNASH患者の肝組織における遺伝子発現プロファイリング解析よりNASHに進展するのに関与する遺伝子を同定する試み 日本消化吸収学会 平成17年 神戸

 

寺内康夫, 岩崎知之, 米田正人, 中島淳 女性でウエスト周囲径が90cm以上のとき内臓脂肪蓄積とみなすメタボリックシンドローム診断基準は妥当か 日本病態栄養学会 平成17

 

後藤温、岩崎知之、金子和真、高橋まゆみ、青木一孝、百木忠久、木村真理、寺内康夫 著明な低ナトリウム血症と軽度貧血を認めた中枢性副腎不全の2例 日本内科学会地方会 平成18年 東京

 

後藤温,岩崎知之,金子和真,高橋まゆみ,青木一孝,百木忠久,木村真理,寺内康夫 中枢性副腎不全の典型例2例と見逃されていた1 日本内分泌学会地方会 平成18年 東京

 

岩崎知之、米田正人、金子和真、高橋まゆみ、青木一孝、百木忠久、木村真理、中島淳、寺内康夫 メタボリックシンドローム患者は低アディポネクチン血症より高レプチン血症と関連する 日本内分泌学会 平成18年 神戸

 

岩崎知之、米田正人、金子和真、高橋まゆみ、青木一孝、百木忠久、木村真理、中島淳、寺内康夫 HDL-コレステロールはウエスト周囲径より体重、BMIと相関する 日本糖尿病学会 平成18年 東京

 

後藤温、岩崎知之、米田正人、金子和真、高橋まゆみ、青木一孝、百木忠久、木村真理、中島淳、寺内康夫 コリンエステラーゼと内臓・皮下脂肪と肝脂肪含有量の解析 日本糖尿病学会 平成18年 東京

 

Iwasaki T, Nakajima A, Yoneda M, Terauchi Y. Serum Cholinesterase is Strongly Associated with Adiposity and Insulin Resistance. American Diabetes Association 66th scientific session. Washington D.C. 2006

 

岩崎知之、米田正人、根津潤、中村昭伸、高橋まゆみ、青木一孝、百木忠久、木村真理、中島淳、寺内康夫 メタボリックシンドロームが糖尿病網膜症、腎症、神経障害に及ぼすリスクの評価 日本肥満学会 平成18年 神戸

 

岩崎知之、菊地泰介、根津潤、高橋まゆみ、中村昭伸、青木一孝、木村真理、寺内康夫 脱力を伴うBasedow病と副甲状腺機能亢進症を呈した一例 日本甲状腺学会 平成18年 神戸

 

岩崎知之、菊地泰介、根津潤、高橋まゆみ、中村昭伸、青木一孝、木村真理、寺内康夫 血清アルブミンは糖尿病神経障害の進展度と相関する 日本糖尿病学会 平成19年 仙台

 

岩崎知之、菊地泰介、根津潤、高橋まゆみ、中村昭伸、青木一孝、木村真理、寺内康夫 血清γ-GTPと内臓・皮下脂肪面積と肝脂肪含有量との関連 日本内分泌学会 平成19年 東京

 

岩崎知之、菊地泰介 糖尿病と脂肪肝 第29回湘南糖尿病懇話会 平成20年 藤沢

 

岩崎知之、菊地泰介 糖尿病と脂肪肝 神奈川糖尿病研究会 平成20年 横浜

 

岩崎知之、菊地泰介 反復した無痛性甲状腺炎経過後にBasedow病を発症しその後も無痛性甲状腺炎を2度再発した一例 日本甲状腺学会 平成21年 名古屋

 

岩崎知之 ランタスの使用経験 第2回横浜糖尿病懇談会 平成22年 横浜

 

岩崎知之 シタグリプチン投与による肝機能の検討 日本糖尿病合併症学会 平成22年 大津

 

岩崎知之 血糖コントロールとシタグリプチン 横浜西部生活習慣病カンファランス 平成22年 横浜

 

岩崎知之 Yokohama DM Meeting 糖尿病治療の最新知見 平成22

 

岩崎知之 シタグリプチンは非アルコール性脂肪肝を改善する 日本糖尿病学会 平成23 札幌

岩崎知之 NASHにおける治療戦略と治療データの紹介 88回 神奈川糖尿病カンファレンス 平成23

岩崎知之、米田正人、日暮琢磨 シタグリプチンは非アルコール性脂肪肝を合併する2型糖尿病の血糖値改善により効果的である 日本糖尿病学会 平成24年 横浜

岩崎知之 当院外来通院中に血糖コントロールが悪化した高齢者の1例 第19回横浜内科学会糖尿病研究会 平成24年 横浜

岩崎知之 シタグリプチンと糖尿病合併非アルコール性脂肪性肝疾患の検討 横須賀糖尿病フォーラム 平成24年

 

所属学会

日本内科学会

日本糖尿病学会

日本内分泌学会

日本甲状腺学会

 

資格

日本内科学会認定内科医

日本医師会認定産業医

日本糖尿病学会認定糖尿病専門医

日本糖尿病学会認定糖尿病研修指導医

日本内分泌学会代謝・内分泌専門医

日本甲状腺学会認定甲状腺専門医

医学博士

 


岩崎内科クリニックビルダークリニック

〒240-0042
横浜市保土ヶ谷区上星川1-1-5
フルール横浜1F
TEL 045-442-6475
FAX 045-442-6476